無添加コスメは一般の化粧品より価格が少し高め

無添加コスメは一般の化粧品より価格が少し高め

ドラッグストアやコスメを扱っているショップに行くと、商品の中に無添加と記載されたコスメを見かけます。鉱物油や防腐剤、シリコンや石油系合成界面活性剤、合成香料や合成着色料などの添加物は、体に負担があると言われているためそのような成分を使っていません。無添加コスメを手に取ってみると、一般的な化粧品よりもお値段が少し高く感じることがあります。添加物を使用して大量生産される化粧品と比べると、無添加コスメは成分や品質にこだわって作られているためコストや時間がかかってしまいます。肌に良いとされる自然由来の成分などは、抽出方法などにもこだわっており高価なこともあるでしょう。安さだけを求めるのも良いのですが、購入したけれど肌が荒れてしまい皮膚科に行き薬代が必要になってしまっては安い買い物も高価な買い物となっていまいます。成分表示を確認したりサンプルを使用して少し高くても自分の肌に合うものを選ぶと良いでしょう。

特定成分不使用で肌にやさしい無添加コスメ

日焼けによる紫外線ダメージで腫れて真っ赤になったりアレルゲン物質に触れてピリピリ感が生じたり季節の変わり目にトラブルが多発したりなど、敏感肌の人が抱える苦労は計り知れません。外的なダメージを受けてコラーゲンが破壊され、エイジングが進みやすいという厄介な悩みもつきまといます。体質的な問題であるため根本からの解決が出来ないので、生まれ持った肌質と上手に付き合っていくしかありません。そんな苦労や悩みが絶えない敏感肌の人のスキンケアをサポートするのが無添加コスメです。無添加コスメとは、紫外線吸収剤や界面活性剤や防腐剤などの特定成分不使用の低刺激で肌にやさしい化粧品のことです。天然由来成分100%で化学的な添加物が一切使われていないものもあれば、一部の添加物は含まれていないけど全ての添加物が排除されてはいないものもあります。メーカー・ブランドによって無添加コスメの定義は少し異なりますので、購入前は必ず成分表示をチェックすべきです。